スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講習会2つ

2007.03.20(Tue)

『 tatting』 Comment-Trackback-
2007_0320days0003.jpg

2007_0320days0004.jpg

日本タティング協会主催の国際講習会に参加してきました。
講師はイタリア人のIris Niebach先生、司会は聖光院 有彩先生、そして参加者の多くは先生と呼ばれている方たちで、はるばる飛行機や新幹線でいらしている方も多い、なんだか、初心者が参加するのが恐れおおいのような講習会でした。
今回のパターンの難関は蝶々の胴体です。目も頭もあるのがわかるでしょうか?羽の半分までを会場で作り、家で続きを仕上げたのですが、途中間違ってしまってがっくりでした。
イリス先生はほかにたくさんの作品を持ってきてくださってあれこれ解説してくださった(もちろん通訳がついていましたよ!)のでとてもお勉強になりました。また、参加者も各自作品を持ってくるようにという指示があったのですが、これがまたすばらしい物ばかりで呆然としてしまうくらいでした。たくさんがんばらなくては!刺激をたくさんいただいてきました。
2007_0320days0002.jpg

そしてこちらはトルコの手芸であるイーネオヤのセミナーに参加してきました。講師は七海 光先生です。ナイロン100%のとっても発色の良い甘撚りの糸を12号のレース針で編んでいきます。普段かなり細い糸に慣れているつもりでしたが、これは大変でした!この糸、とにかく割れやすいししっかりきつく編んでいかないとどんどん緩んでしまうんです。最初にトルコの紹介のスライドなど見せていただいたのですが、こまか~いモティーフをあちらの女性はものすごいスピードで編んでいくのに驚きました。一生懸命きつくきつく編んでいたら左手の人差し指にくっきりと糸の食い込んだ跡が残ってしまいました。時間内ではこれくらいしか編めませんでしたが、これからゆっくり練習してみたいと思います。
▼ profile

 sen

Author: sen
私の手仕事の記録です。

▼ category
▼ archives
▼ 検索
▼ notice
掲載している作品の著作権はメーカーならびにデザイナーにあります。画像のコピーなどは一切お断わりいたします。

pagetop ↑

Copyright © 2017  sen all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。