スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイリー完成

2007.03.05(Mon)

『 tatting』 Comment-Trackback-
2007_0305days0004.jpg


展示会用のドイリーがなんとか完成しました。
なんともお恥ずかしい出来なので細部は見ないでいただきたいです・・・
ロングピコがだぶついていたり、ピコがゆがんでいたり、真ん中のモティーフがくちゃくちゃになっていたり、気になるところはたくさんあるのですが、何とか完成させられたってことで、目をつぶることにします・・・
糸はDMCコルドネスペシャル70番、サイズは直径約24センチです。
これからまだ小さなモティーフを4つほど作り、一緒に額装する予定です。

2007_0305days0006.jpg

↑詳細、見えるでしょうか?午前10時半~午後6時半(最終日は4時閉場)です。お近くの方はどうぞ足をお運びください。

****額装について
一緒に飾るモティーフを80番のエクリュで4つ作り、額装しました。
いろいろ方法はあるのでしょうけれど、今回私が教えていただいた方法を紹介してみます。
まず、額(今回は4つ切りサイズのもの)にちょうど入る大きさの厚紙(かなり固い、厚みのあるもの)にわりとしっかりした生地をぴったりと貼ります。特に指示はありませんでしたが、私はスプレータイプののりで表面を貼ってから、のりしろ2センチほどでカットして、裏側に木工用ボンドで貼り付けました。角の三角に余る部分はぎりぎりでカットして、上からボンドで固めてほつれないようにしておきます。
ボンドがすべてすっかり乾いたら、表面にドイリーを正確に真ん中に配置して、メンディングテープ(仮止めのできる、のりが残ってしまわないタイプのテープ)で仮止めをして、針と糸で留めていきます。この場合ピコではなくてリングやチェインのダブルステッチの部分を留めます。下から刺すときには上からあらかじめ針で穴を開けておきます。
この作業はかなり力が要るので私はパッチワークのシンブルを使いました。展示会場ではライトを浴びて熱せられ、夜になると冷えるので作品がかなり緩んでしまうそうなので、かなり大変ですが上部は特に細かく留めつける必要があるそうです。
作品展が終わりましたら写真を追加しますね。
▼ profile

 sen

Author: sen
私の手仕事の記録です。

▼ category
▼ archives
▼ 検索
▼ notice
掲載している作品の著作権はメーカーならびにデザイナーにあります。画像のコピーなどは一切お断わりいたします。

pagetop ↑

Copyright © 2017  sen all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。