スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェトランドのブランケット

2007.06.29(Fri)

『 weaving』 Comment-Trackback-
2007_0629days0016.jpg

2007_0629days0019.jpg

2007_0629days0010.jpg

お教室で織っていたシェトランドのブランケットができあがりました。
ペレンデール鎌倉さんのシェトランドのスライバー3色をセミ梳毛で紡ぎ、経糸は双糸、緯糸は単糸で織ってあります。
出来上がりの大きさは90cm×135cm(房を除く) 470g
整経幅99cmで、伸子を使いましたが織り縮みが4センチほどあり、縮絨でさらに縮んで90cmになりました。縦方向も縮絨で全体に4センチほど縮みました。チェックの大きいほうの1マスが4.5cm弱です。
平織りしか織ったことがなかったときは平織りが最高だと思っていましたが、綾織もいいなぁと改めて思いました。手紡ぎの糸でまともな(?)ものを織ることができてとてもとてもうれしいです。
2007_0629days0012.jpg

縮絨前と後ですが、違いがわかるでしょうか?糸の1本1本がふっくらとして、全体につるっとしなかやなさわり心地になりました。かなり力をこめてみっちりと打ち込んで織ってあるのと経糸が双糸なのでそんなに劇的に縮みはしませんでしたが、糸の集合から1枚の布になったという感触があります。
2007_0629days0009.jpg

今回の縮絨は、直径5センチの塩ビパイプに巻きつけて上から踏みつけて行いました。やりすぎてしまうのが怖くてちょっと控えめです。なので房の結び目を切るとほどけてしまいそうでそのままにしてあります。
寒くなるまで大事にしまっておこうと思います。
2007_0629days0023.jpg

▼ profile

 sen

Author: sen
私の手仕事の記録です。

▼ category
▼ archives
▼ 検索
▼ notice
掲載している作品の著作権はメーカーならびにデザイナーにあります。画像のコピーなどは一切お断わりいたします。

pagetop ↑

Copyright © 2017  sen all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。